reStructuredText

読み方、または別称:りすとらくちゅあどてきすと

reStructuredText (リストラクチュアドテキスト)とは、Python コード内にドキュメントを埋め込む目的で考案された軽量マークアップ言語のひとつである。

文書をその構造表現とともに記述し、ソースコードでも高い可読性を持つように設計されている。Pythonで書かれたテキスト処理ツール群のDocutilsのコンポーネントの1つとして配布されており、Python での構造化テキストといった場合は、reStructuredTextのことを指す。

reStructuredText で指定できる基本的な構造は、文章の節または段落を設定するパラグラフ、イタリック体やボールド体といった文字の修飾、リスト、整形済みテキスト、見出し、リンクといったもので、パラグラフの場合、文書のパラグラフとパラグラフの間は空行を入れて入力し、文字の修飾を行いたい場合はアスタリスクで文字を囲む。

reStructuredText は、実態はテキストファイルのため、Windowsのメモ帳などでも作成や編集を行うことが可能。拡張子も「.txt」を設定する。reStructuredText で決められた約束事に従って作成されたファイルはHTMLに変換されたとき、その構造を保って表示される。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る