pgrep

読み方、または別称:ぴーぐれっぷ

pgrepとは、選択基準(selection criteria)にマッチするプロセスを、現在実行中のプロセスより調べ出し、プロセスIDを標準出力にリストするものである。この際のマッチするプロセスとは、全ての基準に準じたものである必要がある。pgrepに類似した機能を持つコマンドとしては、pidofや、psなどが挙げられる。

これが導入されたのは、Solaris 7が最初であり、後には、Linux、及びOpenBSDにおいても導入された。指定したプロセス(タスク)名のプロセス識別子を返すといったデフォルトの動作を行うために、「pgrep taskname」と入力する。これは、「ps ax | grep taskname | grep -v grep | awk '{print $1}'」というコマンド行とほとんど同じものである。

つまり、pgrepにおいては、複雑なコマンド行を単純化することが可能となっているのである。オプションの例としては、デフォルトでは改行文字と示される、出力において各プロセスの区切りとして使用する文字列の設定を行う「d delimiter」、通常のようなプロセス名にマッチするものではなく、コマンドライン全体にマッチするものを対象とする「-f」などを挙げることができる。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る