new演算子

読み方、または別称:にゅーえんざんし

new演算子とは、C++などのオブジェクト指向プログラミング言語において、インスタンスを作成する演算子のことである。多くの場合、ヒープ領域からの動的メモリ確保を伴っている。インスタンスの作成は、記憶域を確保することと初期化を行うことに大別される。

記憶域を確保する処理は、多くは言語の処理系を用意するが、C++のようにプログラム内で独自に定義できるものもある。初期化は、コンストラクタを呼ぶことで行われ、プログラム内で自由に定義することができる。

C++やC++の影響を受けた言語は、「var = new T」のような構文となる。varはインスタンスへの参照を保持するポインタ型で、Tは作成されるインスタンスのデータ型を指定する。例えば、Tがクラスの場合、Tのインスタンスを作成するためにデフォルトコンストラクタが呼ばれる。

newで記憶域の確保を失敗した場合、多くは例外が投げられることになる。その為、結果は常に正当なオブジェクトを指し示しているものとして扱うことができる。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る