libavcodec

読み方、または別称:りぶえーぶいこーでっく

libavcodec(リブエーブイコーデック)とは、さまざまな音声や動画のファイル形式に対応し、変換を行うことができるマルチメディアコンバータのFFmpeg(エフエフエムペグ)の一部で、オープンソースなコーデックライブラリである。

FFmpegのメンテナンスを行っていたスタッフが2011年3月に分裂して「Libav.org」という名称でFFmpegの開発を進めていくことになったことにあわせて、FFmpegとLibav.orgのそれぞれのプロジェクトから同じ名前でありながら、互換性のない形でリリースされることになった。

オープンソースのメディアプレーヤーであるMPlayeや、クロスプラットフォームで動作するメディアプレーヤーのVLCメディアプレーヤーといったソフトでは内蔵デコードエンジンにlibavcodecを使用しており、それぞれにサポートするファイル形式の音声や動画を再生するためにlibavcodecは必須のデコードライブラリになっている。

また、libavcodecはフリーの動画編集ソフトのAvidemuxや動画のデコード・エンコードツールのMEncoderなどといったソフトで内蔵デコードエンジンにも使用されている。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る