gnuplot

読み方、または別称:にゅーぷろっと

gnuplot(ニュープロット)とは、2次元または3次元のグラフを作成するコマンドラインアプリケーションソフトウェアのことで、インターネット上で無料配布しているフリーウェアである。しばしばグニュープロットと呼ばれることもある。

最初にリリースされたのは、1986年。現在では、LinuxやMac OS X、Windowsなど、さまざまなOSに対応したバージョンが開発されている。gnuplotの特徴は、第一に"高機能である"こと。無料で配布していることから、インターネットで広く利用されており、使い方を解説したページも多く存在するため、比較的初心者の方でも利用しやすい。

また、GNU Octaveのプロジェクトエンジンとしても利用されている。gnuplotの機能は、入力した数式を元に画面や画像ファイルへグラフを生成することをメインとしている。画像ファイルのフォーマットはPNG、EPS、SVG、JPEGなど。多くの形式に対応しているのも、gnuplotの大きな特徴になる。

ちなみに、ソフトウェアの名前に「gnu」と冠されているが、GNUプロジェクトとはまったく関係がない。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る