exFAT

exFAT(イーエックスファット)とは、Microsoft開発のフラッシュドライブ向けのプロプライエタリなファイルシステムである。Extended FATの略称。最初に導入されたOSは、Windows Embeddes CE 6.0。デスクトップ向けでは、Windows Vista SP1で導入された。Windows XPとWindows Server 2003に関しては更新プログラムをインストールし、使用する。

また、Windows系以外でもLinux Kernel Mailing Listにてパッチの開発を行っている。2010年にはAppleによりSDXCカードスロットのついたMac miniとiMacもリリースされており、対応はMac OS X v10.6.5以降になる。

従来のFile Allocation Table(FAT)ファイルシステムで優位となる点は、「大きなディスクサイズに対応しているスケーラビリティ」「最大ファイルサイズは264バイト」「最大クラスタサイズは2255セクタ」「空き領域ビットマップ導入・空き領域割り当てと削除」「1つのディレクトリに1000以上ファイル格納」「アクセス制御リストのサポート」「UTCタイムスタンプ導入」「特定デバイスの特性に合わせファイルシステムをカスタマイズ」などが挙げられる。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る