dpkg

読み方、または別称:でぃーぴーけーじー

dpkgとは、ソフトウェアの1つであり、Debianのパッケージ管理システムの基礎となるものである。その利用目的は、.debの拡張子を持ったパッケージのインストール、削除、またパッケージ情報の入手のためである。dpkgの作成は、マット・ウェルシュ、カール・ストリーター、イアン・マードックらの手によるものである。

当初は、Perlのプログラムとして存在していた、1993年、イアン・ジャクソンの手によって、大部分がC言語で書き直された。Debianパッケージにおけるdpkgは、dpkgや、パッケージシステムを機能させるための実行の際に必要となるdpkg-statoverrideやdpkg-divert、update-alternativesなどのプログラムを提供している。

これらの他にも、start-stop-daemon や install-infoのようなプログラムが含まれている。さらに、パッケージ管理システムとは、ソフトウェア同士やライブラリとの依存関係を管理するシステムで、各種のソフトウェアの導入、削除を行うものである。

また、Debianパッケージ 「dpkg-dev」に関しては、パッケージ構築用の複数のツールが含まれている。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る