diff

読み方、または別称:でぃふ

diff(ディフ)とは、コマンドで2つのファイルの間の違いを出力できるプログラムで、ファイルの比較を行うために用いる。行単位でテキストファイル間の差異を表示するが、最近はバイナリファイルもサポートしている。

またプログラムからの出力も「diff」(ディフ)と呼ばれるが、出力をpatchプログラムで適用できるため、「パッチ(patch)」と呼ばれている。diffコマンド以外から出力があった場合でも、差分表示プログラムの出力は「diff」となる。

diffの使い方は、コマンドラインで2つのファイル名を指定し、「diff original new」のように実行する。コマンドからの出力はファイルoriginalをnewに変更するのに必要な個所を示している。しかし、originalとnewがディレクトリを指していた場合は、diffは両ディレクトリに存在するファイル個々について実行される。

また、オプション-rを指定することで、サブディレクトリ以下をすべて辿り、ディレクトリ内のファイル間の差分を出力する。ちなみに、diffは概念的にザナドゥ計画(Project Xanadu)の思想を受けたものと言われている。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る