cdmaOne

読み方、または別称:しーでぃーえむえーわんえっくすうぃん

cdmaOne(しーでぃーえむえーわん)とは、通信技術のひとつで、1995年に米国クアルコム社によって発表された。多重化にCDMA方式を用いており、PDCやGSMと比較すると、新しい方式になる。よって、音質が良く高速なデータを通信することが可能である。

現在の第三世代携帯電話であるW-CDMAやCDMA2000とcdmaOneは、CDMA方式を使っている点が共通しているため、2.5世代とも言われている。日本国内でcdmaOneを導入しているのは、IDOとDDIセルラーグループ(現・auと沖縄セルラー電話)各社。海外では、アメリカ合衆国や韓国をはじめ、カナダやメキシコ、イスラエルなどで普及している。

cdmaOneの技術は、レイク受信・パワーコントロール・ソフトバンドオフ。レイク受信とは、マルチパスによるフェージングへの対策として開発され、パワーコントロールは基地局から強い局に対し、送信パワーを下げる指示を飛ばし、弱い局に対し逆に上げる指示を飛ばし、結果的に同じ強さですべての局が基地局で受信されることである。

ソフトバンドオフは、現在通信中の基地局と新しく通信したい基地局を一時的に同時に通信状態にし、その後切り替えることを意味する。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る