Yacc

読み方、または別称:やっく

yacc(ヤック)とは、Yet Another Compiler-Compiler(もう一つのコンパイラコンパイラ)の略で、構文解析を行なうプログラムを生成するツールで、UNIXの基本的なツールとして用いられている。1970年代にAT&Tでスティーブ・ジョンソンが開発した。

yaccは構文解析を行うだけのため、構文解析用の辞書を生成するlexやFlexのようなツールを別途に用意するか、あるいは自分で作成しなければならない。

yaccは、構文グラフやBNF記法で記述された文法に基づいて構文規則を記述すると、入力されたトークン(字句)の並びが文法にあっているかを検査する。構文解析を行なうプログラムのことを パーサ(parser)と呼び、yaccはこのパーサを生成してくれる。

yaccは宣言部、ルール部、およびサブルーチン部の3つの部分から構成されており、それぞれの部分の区切りに "%%"が使用される。宣言部とサブルーチン部を省略することが可能で、サブルーチン部を省略するときは2つ目の "%%" を省略できる。

yaccはほとんどのUNIXシステムで利用することができ、Barkeley Yacc、GNU bison、MKS Yacc、Abraxas pc Yaccと上位互換がある。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る