XMLデータベース

読み方、または別称:えっくすえむえるでーたべーす

XMLデータベースとは、マークアップ言語のXMLを扱う機能を持つデータベースである。XMLのツリー構造をデータ構造として保持しながらリレーショナルデータベースにXMLを格納する使い方や、XMLをテキストファイルとして格納する場合などがある。

現在広く使われているリレーショナルデータベースでは、作成されたデータ構造を運用中に変更すること困難であるが、XMLデータベースはその点では高い拡張性がある。

XMLの仕様はWell-formd(整形式)の形態を認めているため、完全に仕様が決まっていない開発中や、開発の途中でデータ構造が変更されるシステムを容易に構築することができる。

実用上の問題として、統一規格がないことがネックであったが、最近ではXML:DB規格が策定され、NeoCoreXMS、TX1や各社がこの規格を採用しはじめている。また、性能の問題もあったが、大きく改善されつつあり、今後のXMLデータベースのさらなる発展が期待されている。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る