Windows NT

Microsoft Windows NT(マイクロソフト ウィンドウズ エヌティー)はオペレーティングシステム(OS)の一つである。開発は名称から明らかであるが、このOSはWindows 9x系のような従前のWindows系のOSと比べると、より優れた安定性があり、そのためWindows 2000や、Windows XP、Windows7などのOSに採用されている。

Windows NTはMS-DOS上の拡張シェルのWindows 3.x系は従来のWindows 9x系とは異なる32ビット・プリエンプティブのマルチタスクOSであり、新規に構築された全く新しいOSである。

なお、NTの意味であるが、マイクロソフトは公式にはその意味を明らかにしていない。ただし、一応納得ができる説として、NTはNew Technologyの略がある。

因みに、NTの設計要素の各所にはVMSの要素が散見できるが、これはOS管理にカーネル領域とアプリケーション領域を分離する構造であり、Windows 9x系に比べて高い安定性があると実証されている。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る