Webコンテナ

Webコンテナとは、Java EEアーキテクチャのWebコンポーネント規約を実装し、この規約はコンピュータセキュリティや並列性、ライフサイクル管理、トランザクション処理などのサービスを含んだ実行環境を規定している。

また、Java EEプラットフォームAPIを利用したJSPコンテナとしての機能も手依拠している。例として、Sun Java System Application ServerとJavaWSDPとしてのTomcatが挙げられる。

Tomcatとは、正しくはApache Tomcat(アパッチトムキャット)と言い、Java ScriptやJavaServer Pagesを実行するためのサーブレットコンテナである。静的コンテンツのHTTPサーバとしても使うことができるため、単体での利用も可能である。

またTomcat以外のHTTPサーバがHTTP陸wストを受け付け、必要に応じてサーブレットコンテナにリクエストを渡すという構成でも用いることが可能である。しかし、別のHTTPサーバとコネクタを連携すると、Advanced IOなど一部の機能が使えなくなってしまうという欠点がある。

その他Webコンテナの関連として、Java ServletやEnterprise JavaBeans、アプリケーションサーバなどがある。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る