Webカメラ

Webカメラ(ウェブカメラ)とは、PCビデオなどを通じて撮影を行うカメラのことである。別名、「ライブカメラ」とも呼ばれている。用途はさまざまだが、一般的には撮った動画をリアルタイムで保存するものである。しかし現在では、メッセンジャーやiChat、Skypeなどにも用いられ、同時に電話機能が使えるものも増えている。

また、共同動画サイトなどへのアップロードにも用いられることが多く、撮影した動画をYouTubeやニコニコ動画などに投稿する人も少なくない。Webカメラの利点は、“リアルタイムで撮影・保存できること”。そして、使用するサービスによって、“電話もできる”ということである。

高画質なものも増えてきたので、Webカメラでありながら鮮明な動画を見ることができる。しかし、Webカメラには問題とされる点もある。それは、Webカメラを使って「盗撮」を行う、いわゆる犯罪まがいの利用者もいるからである。

実際、Webカメラをルームメイトの部屋に設置、その動画をTwitterなどに投稿し、盗撮された男子生徒が自殺をした例がある。近年、自分の子供の様子をWebカメラを使って閲覧できるシステムも導入されているが、設定ミスでプライバシーの侵害になることも多く、便利な分使い方を誤ると大きな犯罪になってしまう危険性がある。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る