WebCrawler

WebCrawlerとは、一言でいうと「メタ検索エンジン」のことである。GoogleやYahoo!、LookSmartなどの有名な検索エンジンの検索結果を混合しており、オプションとして画像、音声、動画、ニュースなどのページも検索することが可能である。2008年までマスコットをクモとしていたが、現在では使われていない。

本来、WebCrawlerは独自のデータベースを持った検索エンジンとなる。その為、広告的検索結果はページとは違う場所に表示されていた。メタ検索エンジンとなったのは、その後である。

GoogleやYahoo!などの有名な検索エンジンの結果を合成し、広告または非広告を分けて表示するようになった。

そもそもメタ検索エンジンとは、入力したキーワードを、いくつかの検索エンジンに送り、得た結果を表示するものである。検索の際、対象としているサイトを選択する「非統合型」と、結果を1つのページに統合し表示する「統合型」の2つに分けられる。

後者においては、広告が表示されないため、GoogleやLycosでは利用できないようになっている。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る