WS-Security

読み方、または別称:だぶりゅーえすせきゅりてぃ

WS-Security(Web Services Security、WSS)とは、通信プロトコルのことで、Webサービスにセキリュティを適用する手段を提供する。2004年4月19日に、OASISがバージョン1.0規格を公開し、2006年2月17日にバージョン1.1版をリリースしている。

IBM、マイクロソフト、ベリサインを開発したプロトコルに基づいて、OASISによって標準化した。Webサービスメッセージングに完全性と機密性を保持するかの仕様が含まれ、SAMLとケルベロス認証、X.509などの認証フォーマットを使用している。

また、アプリケーション層で動作するSOAPメッセージへのヘッダにセキリュティ機能を導入しているため、セキリュティを保証できるというメリットもある。

ポイントツーポイントでは、Webサービスの機密とデータ完全性はTransport Layer Security (TLS)で実現できるが、WS-Securityはより広範囲なエンドツーエンドのセキリュティを提供している。

TLSを適用することで鍵やメッセージ署名を送信前にASCIIに符号化せずに済むため、オーバーヘッドが劇的に低減される。WS-Security関連のドラフト仕様として、WS-SecureConversation/WS-Federation/WS-Authorizationなどがある。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る