TWAIN

読み方、または別称:とうぇいん

TWAIN(トウェイン)とは、イメージスキャナやデジタルカメラなどから、パーソナルコンピュータに画像を入力するための技術標準の1つで、Microsoft WindowsやApple Macintoshなど、代表的なプラットフォームにおいて、画像を取り込むAPIを定めている。

要するに、画像処理ソフトウェアとスキャナやデジタルカメラとの間のインタフェースとして使われている。標準仕様の初版は1992年に発行され、2005年11月28日にバージョン2.0が承認されている。管理は、TWAINワーキンググループによるもの。

使用手順は、スキャナや複合機などのデバイスドライバをインストールする際に、同時にインストールされる。アプリケーション側からは、インストールが済んだTWAINデータソース(スキャナ)を選択することで、各機器ごとのGUIが呼び出される。

よって、各種設定や操作を行い、本スキャナを指示しアプリケーションへ画像データが渡される。ただし欠点として、ユーザインターフェースが機器のデバイスドライバと一体不可分になっていることが挙げられ、アプリケーションソフトウェアが機器のTWAINドライバを読み込む際、機器メーカー製GUIが付きまとってくる。

このような形態のために、透過的なネットワークのアクセスが困難となっている。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る