TSS

読み方、または別称:てぃーえすえす

TTSはTime Sharing System(タイムシェアリングシステム)の略で、コンピュータのCPUの処理時間をユーザ単位に分割して、複数のユーザが同時にコンピュータを利用できるようにしたシステムのことである。

TSSは、当初は大型のメインフレームで開発された技術であったが、現在では、パソコンでもOS の制御によって同様の処理を行うことが可能である。

1960年代ごろまでのメインフレームは非常に高価であったため、個人が所有してインタラクティブに使用することは不可能であった。それは、インタラクティブにコンピュータを使うということは、ほとんどの時間をユーザが考え、コンピュータがその入力を待つ状態になるからである。

しかし、あるユーザが使っていないCPUの時間を他のユーザに割り当てれば、複数のユーザが同時にそれぞれのコンピュータを使うことができるのではないかという発想が生まれた。TSSは同様に、ディスクやテープや通信などの入出力の完了を待つ時間を他のユーザに割り当てることもできる。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る