TCP

読み方、または別称:てぃーしーぴー

TCP(ティーシーピー) とはTransmission Control Protocolの略。IPの機能を拡張しマシン同士に信頼性のある通信を提供するために作られたプロトコルであり、OSI参照モデルのトランスポート層に属し、インターネットで利用される標準プロトコルになっている。

IPはデータを宛先まで効率よく届けるだけで、宛先の端末の処理能力や途中のネットワークの混雑状況などまったく感知しない。そのためトランスポート層の TCP にこれらの機能やエラー訂正機能などを持たせ、信頼性と効率性のある通信環境を築いている。

インターネットの場合、トランスポート層のプロトコルにはIPの上位プロトコルとしてUDP(User Datagram Protocol)も使われているが、TCP はUDPにはない訂正機能を持つ。そのためUDPは転送速度は高いが信頼性が低く、TCPは信頼性は高いが転送速度が低いという特徴があり、データ転送(HTTP、FTPなど)や対話型アプリケーション(Telnetなど)などの場面ではTCPが使われる。

対して、UDPはTCPの備えるような信頼性を確保する機能をまるで持たないが、そのぶんだけ処理・転送を高速に行うことができるため、UDPはストリーミングなどの際に用いられる。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る