TBC

読み方、または別称:てぃーびーしー

TBCとは、タイムベースコレクター(TimeBaseCorrector)のことである。アナログVTRにおいて、機械の不安定による時間軸エラーを補正する働きをする。アナログVTRでは、"ジッタ"と呼ばれるヘッドやテープの回転などに生じるムラや、画面上に再生された時に左右に細かくぶれる再生画のことで、時にこの現象が起こる。

しかし、TBCによってデジタルメモリーに映像信号を走査線ごとに取り込み、同期信号に合わせメモリーから取り出すころで、ジッタを防ぐことができる。ただし完全に防げるわけではなく、あくまで"ジッタの少ない再生画"を得られる程度になる。

また、VTRの再生映像と他のVTRなどを組み合わせ、ビデオミキサ(スイッチャ)を使って映像を切り替えることもできる。この場合、すべての機器で映像信号のタイミングを合わせなければ、綺麗な映像を再生することはできない。

構造に関してだが、TBCは、A/Dコンバータ・メモリとその基準になる同期信号が必要になる。これらによってデータを読み出し、アナログ映像信号を組み合わせる。放送用や業務用のVTRに内蔵されていることが多い。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る