TB

読み方、または別称:てぃーびー

TBとはterabyte(テラバイト)のことで、データ量やコンピュータの記憶装置のサイズを表す単位で、1テラバイトは1,099,511,627,776(1兆990億)バイト、1,024ギガバイトである。一般的にテラは1012倍であるが、情報やコンピュータの分野では、10の累乗倍ではなく210の累乗倍である。したがって、テラは240倍を表すため、このような数字になるが、テラバイトは一兆バイトとされることもある。

2003年( 平成15年)頃から複数のハードディスクを使用して仮想的にテラバイトクラスを実現するHDDは市場に見られたが、2007年(平成19年)には単体で1TBの容量を持つものも発表され、2008年(平成20年)末には低価格のものが出てきた。

すなわち、2009年(平成21年)には2TB以上の容量を持つハードディスクが市場に出てきて、2010年(平成22年)には低価格で購入が可能になり、同年には3TB以上の容量を持つハードディスクが市場にある。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る