SmartFTP

読み方、または別称:すまーとえふてぃーぴー

SmartFTP とは、FTPプロトコルを使用し、パソコンからWebサーバへファイルを転送する機能を備えたFTPクライアントである。米国で有名なシェアソフトで1998年に最初のバージョンが公開された。20カ国以上の多国語に対応しており、デフォルト設定は英語だが、日本語表示に変更することが可能。

SmartFTPは複数のサーバに同時に接続することが可能な上、サーバ間のファイルの移動を行うことができる。現在はシェアソフトとして配布され有料。エクスプローラに似たユーザーインタフェイスを持っているため、Windowsのファイル操作感覚でサーバ間のファイル操作を行うことができる。

また、WebサーバがFXP機能を搭載している場合は、ファイル移動はダウンロード、アップロードといった操作ではなく、ドロップ&ドラッグで操作を行うことが可能。セキュリティについてはファイアーウォールへのログインをサポートし、暗号化のFTP通信「FTPS」にも対応している。同じFTPクライアントのFFFTPからホスト情報をインポートする機能が搭載されており、移行も簡単にできる。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る