Slax

読み方、または別称:すらっくす

Slax(スラックス)とは、Linuxディストリビューション(配布パッケージ)のひとつで、SlackwareをベースとしたLiveCDである。チェコ発で、もっとも古くからある。

日本国内では、産業技術総合研究所が日本語化を行っているDebianベースのKNOPPOXが知られているが、SlaxはSlackwareのシンプルな構成を活かし、シンプルさと軽快さを特徴としている。

いろんな用途に使えるよう、最初から大量のアプリケーションを用意しているKNOPPIXに対し、SlaxはデスクトップOSとして必要十分なものにアプリケーションが限定されている。よって、必要な機能を満たしながらコンパクトになっており、多くのソフトウェアはモジュールとして配布されているため、追加も簡単に行える。

従来の1CD Linuxは、CD-ROMドライブが遅く全体的に遅いというイメージを持たれていたが、Slaxは起動時間や反応時間が短いことから、軽快で扱いやすいと言われている。現在は、バージョン6が開発中である。以前より使われていたUnionFSに代わり、Aufsが採用され、モジュールファイル周辺も大幅に変更されている。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る