SXF

読み方、または別称:えすえっくすえふ

SXF(エス・エックス・エフ)はScadec data eXchange Formatの略で、CADデータ交換標準コンソーシアム (SCADEC) が開発した。SXFは異なるCAD間でデータをやりとりする際に使用する中間ファイル形式で、現在のところは図面の電子納品の際の標準ファイルとして扱われる。

なお、CADデータ交換標準コンソーシアム (SCADEC)は、国土交通省の主導により1999年3月に設立された組織である。

SXFはSTEPの規格の一つであり、Part21 交換構造のクリアテキスト符号化 (Clear text encoding of the exchange structure)に基づいている。

SXFはレベル1からレベル4まであり、そのうちのレベル1と2はすでに開発が完了している。レベル1は、 画面(紙)上で図面表示が正確に再現できることで、レベル2は 2次元CAD製図データの要求を満足させ、再利用時での使い勝手が確保されることである。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る