SOAP

読み方、または別称:そーぷ

SOAP(ソープ・Simple Object Access Protocol)とは、他のコンピュータからネットワークを介してデータやサービスの呼び出しをするプロトコル(通信規約)のことである。当初はSimple Object Access Protocolの略とされていたが、W3Cの宣言によって現在では略称ではなくSOAPという固有名詞であるとされている。

ネットワークを介してオブジェクト交換をするものにCORBAやDCOMがあるが、SOAPは通信内容の記述にXMLを使うことが特徴である。また、データ構造のみが規定されているため、転送用プロトコルにはHTTPやSMTPなどのユーザー任意のプロトコルを使用できる。

主にXML文書のやり取りの際に使用される。また、SOAPプロキシとはSOAPメッセージの生成エンジンのことを指し、SOAPリスナとは解釈エンジンのことを指す。通信の際、ファイアーウォールによって必要最低限のプロトコルのみに制限されてしまう場合があるが、SOAPはXMLとHTTPを用いているのでファイアーウォールによって規制されることはない。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る