SFA

読み方、または別称:えすえふえー、Sales Force Automation

SFAとは情報システムを活用した営業支援ツールである。営業部門の業務の進捗や実績の管理などを行なう狭義のものから、一元化された顧客データベースなどを活用して全社的な各種マーケティングなどの販売支援を行なう広義のものまでを意味する。
当初は、単独のグループウェアなどで、営業日報、商談のコンタクト管理、進捗管理、実績管理、顧客情報管理などの機能によって、営業部門の活動や管理の支援をするものであったが、近年では、従来の機能に加え、顧客データベースを用いたり、営業部門以外の各部門からの情報やさまざまな資料なども共有化することにより、戦略的な営業活動を行なうことができるものになっている。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る