SED

読み方、または別称:えすいーでぃー

SED(Stream Editor)とは、テキストファイルを読み込み、変換、置換などのデータ処理をする時に使うプログラムである。入力そのものを行単位で読み取って、SEDスクリプトという命令文に従ってテキスト変換を行うものである。様々なオプションもある。

もともとは、ベル研究所で1973年頃に開発されたUNIXユーティリティである。現在は、コマンドラインのサポートの目的でオペレーティングシステムに載っている。メリットとして、大量のテキストファイルに対しては一括で処理を行うことができ、条件付きの範囲の処理も安易に行うことができる。

特定条件を検索し置換をする時などにとても便利である。また、引数にエディタコマンドを与えることで、編集結果を出力することができる。また、SEDに演算・制御構造、プログラミング機能がつけ、進化したのがAWKやperlである。

複数ファイルの一括処理ができ、対話型エディタと比較をしても高速で、生産性も高い。プログラムのソースコード、HTMLファイルのハイパーリンクの一括訂正、文章の誤記・表記不統一の訂正、送り名などの文章処理と用途は広い。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る