SD-Audio

読み方、または別称:えすでぃーおーでぃお

SD-Audio(エスディーオーディオ)は、SDメモリーカードに著作権保護機能を付加して音楽を記録するSDアプリケーション規格で、パナソニックが先頭に立って普及が進められている。

SD-Audioは、SDメモリーカードの最初のアプリケーションとして規格化されたが、当時MP3の違法ファイルコピーで著作権侵害が深刻な問題になっていた。その対策としてアメリカのRIAAが中心となり、デジタルオーディオの著作権保護規格策定団体のSDMIが設立され、その結果、著作権保護オーディオ規格として誕生した。

なお、SDメモリーカード発売当初から、SD-Audio規格に対応したSD-Audio機器が発売された。中でも、特にパナソニックのD-snapシリーズがSD-Audioに対応している。

SD-Audioは音声圧縮のファイルフォーマットではなく、既にSDメモリーカードにはCPRMでの著作権保護機能が備わっており、いたので、これを利用して規格化された方式で音声データファイルを暗号化したものをSD-Audioと呼んでいる。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る