SCM

読み方、または別称:えすしーえむ

SCM(Supply chain management)とは、企業の活動(製造から販売までの情報)などコンピュータを使って総合的に管理をすることである。日本語で言うと、供給連鎖管理。それも一社だけの限定ではなく、複数の企業で行うことで、それぞれの経営成果を高めようという目的がある。

どの企業もコストダウンを狙いとしているが、それと同時に生産量増加と在庫の減少も目論みたいところ。1つの企業で達成するのではなく、Supply chain、すなわち鎖として捉え個別ではなく全体が最適な形になるよう企業努力をしていくものである。

構築方法としては、ERPシステム(ERPパッケージ、MRP)を基板として利用される事が多く、計画系と実行系に分類される。ソリューションの基本はPOSデータなどからの予測を行い、生産計画・在庫計画・販売計画を動機・最適化していくものである。

各業界では別の言葉を使用しているが、QR(クイックレスポンス)は繊維業界、ECRは加工食品業界という名称をそれぞれ使っている。基本的なコンセプトは同じである。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る