ReWire

読み方、または別称:りわいあ

ReWire(リワイア)とは、主に音楽制作用の2つのソフトウェア間で、オーディオデータやMIDIデータをやり取りするためのシステムであり、その規格の名前である。開発は、1998年、PropellerheadのReBirth RB-338とスタインバーグのCubase VST間の連携をとるために行われ、その後もいくつかの改良と機能の追加で、現在はバージョン2がリリースされている。また、異なるメーカーの多数のDAWソフトウェアにも対応している。

ReWireの特徴は、最高256の個別オーディオチャンネルをリアルタイムにやり取りできることと、最高4080の個別MIDIチャンネルをリアルタイムでやり取りできることである。

前者は、ReWire 1では最高64チャンネルになり、後者は1つのバスにつき16チャンネル、255MIDIバスとなる。他にも、両方のシーケンサーが内蔵されている場合は、再生や停止、早送り、巻き戻しを同期できたり、一方のアプリケーションがもう一方のアプリケーションにオーディオチャンネル名などの問い合わせを行える。ただしこの場合、ReWire 2が必要となる。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る