RISC

読み方、または別称:りすく

RISC(りすく)はReduced Instruction Set Computerの略であるが、RISCの目的は、数多いコンピュータの命令の種類を減らすことで回路を単純化して演算速度の向上を図ることである。RISCを採用したプロセッサ(CPU)はRISCプロセッサであり、MIPS、POWER、SPARCなどがある。

コンピュータ内部の様々な種類の命令を減らすと言うRISCのアーキテクチャの考え方は、従来のプロセッサの多くの命令の大部分が、実際のプログラムを書く際にはほとんど使われていないことにある。例としてCISCアーキテクチャを見ると、その総数は、演算命令の種類×アドレッシングモードの命令分であるが、実際に作成されたプログラムで使われる命令はそのうちのごくわずかなものであることが判明した。

そこで、命令セットを簡潔にし、回路を単純化することで、クロックサイクルを短縮して高速化を図るアーキテクチャが提唱された。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る