RCS

読み方、または別称:アールシーエス、リッチコミュニケーションサービス、Rich Communication Services

RCSとは、携帯電話やスマートフォンなどのモバイル機器におけるメッセージサービス、あるいはその規格のこと。SMS(ショートメッセージサービス)を代替するサービスとして、移動体通信に関する業界団体(GSMA)において標準化が進められた。

RCSはSMSにおいて制約となっている、高解像度画像や動画をはじめとする大容量ファイルの送信、文字数制限などを解決するべく策定された。

そのため、「メッセージング」や「1対1、あるいはグループでのチャット」「IP音声通話」「ビデオ通話」「ファイルの送受信」といった機能を備えた、リッチなコミュニケーションサービスを提供するのが特徴だ。

特に、SMSと同様、キャリアがRCSに対応していれば相手の電話番号だけで、キャリアをまたいで送受信可能なことや、キャリア間で仕様に差異がない(キャリアやアプリを意識せずにリッチなメッセージを送受信できる)点が大きな特徴となっている。

日本では、2018年4月、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの大手キャリア3社が、RCSをベースにした新サービス「+メッセージ」(プラスメッセージ)を開始した。専用アプリのインストールが必要で、今のところこれらのキャリアのスマホやタブレットでしか利用できない(海外の通信キャリアや、格安SIMなどの利用者とは通信できない)点に注意が必要だ。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る