RAW

読み方、または別称:ろー

RAW(ロー)とは、デジタルカメラなどにおいて、完成していない画像データのことを指す。正式には「RAW画像」(ローがぞう)。「RAW」は生や未加工を意味している。もともとはベタ画像のことを指していたが、2000年代以降、デジタルカメラやイメージスキャナなど「未現像」データを指すことが多い。

通常、デジタルカメラなどで撮影した画像は、撮影後に露出調整などが困難で、大胆なレタッチをすればするほど画質が落ちてしまうというデメリットが目立つ。その為、プロカメラマンなど写真を仕事にする人たちにとっては、不満の声が上がっていた。

しかしRAWが出てきてからは、デジタル一眼レフカメラなど高機能のカメラでも、鮮明に保存することが可能になった。RAW画像は、専用の現像ソフトで自由に調節や出力ができる。しかし、RAW画像のフォーマットはメーカーによって異なるため、現像を行うには別途対応しているソフトウェアを用意する必要がある。

とはいえ、現在は対応しているソフトウェアも多く販売されており、カメラに内蔵しているものも増えている。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る