PyPy

読み方、または別称:ぱいぱい

PyPyとは、Python プログラミング言語のセルフホスティングインタプリタのこと。プロジェクトは、現在の C 実装より高速に動作する最適化された Python 実装を、このPyPy からを作り上げることを目標に掲げている。PyPyの構成は、標準インタプリタとトランスレータからなっている。

ここにおけるインタプリタの記述は、RPython (Restricted Python)と呼ばれるPython 言語の限定されたサブセットで行われている。一方、トランスレータとは、ツールチェーンの1つで、RPython コードを解析して、C、LLVMやCommon Intermediate Language など、低水準の言語へ変換するものである。

PyPyは、Python 実装のソフトウェアエンジニアリングを行うことを目的として Python で記述された Python の実装系という位置付けにあり、これにより改善を可能とした領域を見極めることが容易となっている。また、C言語で記述された標準の実装であるCPythonと比較すると、柔軟さが高く、実験などへの使用が簡単にできるため、開発者が様々な方法で、特定の機能を実験的に実装することが可能となっている。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る