Pixia

読み方、または別称:ぴくしあ

Pixia(ピクシア)は、丸岡勇夫氏が開発を行っているペイントソフトである。PixiaはWindows 3.1用に開発されていたフルカラーグラフィックツールART/fw(アートフォー)に続くソフトで、1998年(平成10年)秋に ver.0 が発表され、2010年(平成22年)現在でもしばしばバージョンアップが行われており、フリーソフトだが高度な機能を持っている。

なお、2009年(平成21年)にリリースされた ver.5 ではデザインなどが大きく変わり、機能も強化されている。現在でもver.4 のサポートは続けられているが、開発の中心は ver.5 へ移行しており、したがって2つの Pixia が存在する。

Pixiaはレイヤー機能、マスクプレーンや透過色プレーン、透明色プレーン(要フィルタ)などを有しており、データの読み込み・書き込み形式の追加や他ソフトウェアとの連携などの機能拡張ができる。また、複数の言語版があり、日本語以外の多言語が開発されていたが、ver.4 以降は日本語および英語版のみがリリースされている。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る