PTP

読み方、または別称:ぴーてぃーぴー

PTPとは、プロトコルのひとつで、デバイスドライバを追加せずにデジタルカメラから画像を転送することができるシステムである。画像転送プロトコルと言い、PTPは"Picture Transfer Protocol"の頭文字を取った名称になる。国際映像産業協会(International Imaging Industry Association)によって開発された。

プロトコルは、通常ISO 15740と標準化されている。また、USB実装者フォーラム(USB Implementers Forum)によって、PTPがUSB用に"静止画キャプチャデバイス"として標準化されたがために、PTPを用いている機器は、USBをデフォルトで転送メディアに用いている。

PTPプロトコルによって、JPEGファイルのような写真イメージの保存や転送、編集の仕様が定義され、ファイルは32ビットのオブジェクトIDによってのみ特定される抽象的な構成要素になる。オブジェクトは親オブジェクトを持つことができ、デバイスのコンテンツをシステム化して表示することが可能である。

さまざまなPTP拡張プロトコルが開発されているが、例えばマイクロソフト社によるPTPは、FotoNationのPTP/IPを部分的にベースとし、無線・有線通信を可能としながら、ユーザーは写真以外のメディアを転送、拡張メタデータをタギング付けできるようになった。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る