POWER7

読み方、または別称:ぱわーせぶん

POWER7(パワーセブン)とは、Power ArchitectureをベースとしたIBMのサーバ用RISCプロセッサである。POWERはPerformance Optimization With Enhanced RISCの略。POWER7はCPU単体で200GFLOPSを超える性能を持つ。

POWERは当初32ビットプロセッサだったが、POWER3以降は64ビット化された。比較的低いクロックで性能を発揮するため、消費電力や発熱量を抑えられ、クロックアップによる性能向上が可能で、スーパーコンピュータやUNIXサーバ、ワークステーションなどで採用されている。POWER7は2010年2月8日、日本では2月9日に発売された。なおPOWERから派生したプロセッサがPowerPCである。

POWER7では最大8のコア搭載が可能であり、各コアの同時マルチスレッディングは最大4スレッドとなったほか、32MB のL3キャッシュを搭載し、性能はPOWER6よりコア単位で1.2倍、プロセッサ単位では2倍から最大5倍となっている。

POWER7は、POWER6互換モードが用意されているのが特徴で、POWER7サーバとPOWER6マシン・POWER7マシンといったPOWER6とPOWER7の混在環境が構築可能。この互換モードを利用してPOWER6サーバからPOWER7サーバへの移行もシステムを止めることなく行うことができる。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る