PICT

読み方、または別称:ぴくと

PICT(QuickDraw Picture、ピクト)は、アップル社が提供する画像描画ルーチンの画像ファイルフォーマットで、PICTを使えばラスターイメージや動画、ベクターイメージを表現することができる。なお、PICTはQuickDrawを解読するコマンドと実画像で構成される。

基本的に、ベクターイメージや画像の付加情報はコマンドで構成され、ラスターイメージは各ピクセルの情報がそのまま保存される。因みに、ビットマップであるラスターイメージは連長圧縮法を採用している。

画像を扱うほとんどすべてのアプリケーションはこのファイルフォーマットをサポートしている。また、フォーマットは一般に公開されているため、MacでPICTを扱うのは容易である。

ただし、当然のこととして、QuickDrawの描画コマンドが入れられた形式は、QuickDrawがなければ扱うことは難しい。しかし、QuickDrawの描画コマンドも公開されているので、ビットマップを開くだけなら簡単である。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

ページトップへ戻る