PCIバス

読み方、または別称:ぴーしーあいばす

PCI(Peripheral Component Interconnect)とは、コンピュータでCPUなどのプロセッサとその周辺デバイスとの間で通信を行うためのバスアーキテクチャである。

PCIバスはパソコンやワークステーション、サーバ、オフィスコンピュータに必要な拡張カードを増設するためのバスとして広く使われている。

なお、2003年時点での最新のバージョンはPCI 3.0であるが、動作クロックは最大33MHzまたは最大66MHzで、その理由はPCIの動作単位が実時間で規定されているからである。バス幅は32ビットまたは64ビットで、それ以上のデバイスを接続する場合は、PCIバス-PCIバスブリッジでバスセグメントを拡張するか、あるいはバスコントローラを増設しセグメント数を増やす手法がとられる。

拡張スロットは33MHzの場合は2デバイス、66MHzの場合は4デバイスで、また、32ビットスロットに64ビットの拡張カードを挿入して使用することやその逆も可能なようになっている。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

ページトップへ戻る