PCケース

読み方、または別称:ぴーしーけーす

PCケース(ピーシーケース)とは、パソコンのマザーボードなどに附属する部品を入れる箱状のものである。PCケースがなくてもパソコンを起動することは可能だが、ホコリや安全性など外部の衝撃や使い勝手などを考え、部品はケースに格納するのが通常である。

市販されているケースは放熱や強度を考え作られており、主に亜鉛めっき鋼板、ステンレス、アルミ合金などが使われている。また、CPUの放熱のために通気穴が開いていたり、ケース内部に温度上昇を避けるファンなどが付属されていたりする。

デザインもさまざまで、タワータイプのものやボックスタイプなどいくつかに分類される。なかには、内部のパーツをオープンにしたクリアタイプのケースも存在する。自作パソコンなどは、PCケースも自作することが多いが、この場合も木であったりダンボールであったり、さまざまな素材を使用している。

PCケースはマザーボードの規格に合わせねじ穴など切られているため、それに合ったものを使用しなければいけない。その為、PCケースが単体で売られている場合、マザーボードの種類によってATケースやATXケースなど形で販売される。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る