OpenSearch

読み方、または別称:おーぷんさーち

OpenSearchは、シンジケーションとアグリゲーションに適する形式で検索結果を示すことができる技術で、ウェブサイトと検索エンジンを使用して標準的でアクセス可能な形式で検索結果を導く方法である。

OpenSearchの開発はAmazon.comの子会社であるA9社で行われ、最初のバージョンのOpenSearch 1.0は2005年5月にWeb 2.0でジェフ・ベゾスがオープンにした。

なお、OpenSearch 1.1のドラフトバージョンは2005年11月から12月にリリースされ、OpenSearch仕様はクリエイティブ・コモンズ・ライセンスで、A9社でライセンス化されている。

OpenSearch構成要素は、OpenSearch Descriptionファイルで、これは検索エンジンを特定し、説明するXMLファイルである。また、OpenSearch RSS(OpenSearch 1.0)またはOpenSearch Response(OpenSearch 1.1)は open search結果を供給するための形式であり、OpenSearch AggregatorsはOpenSearch結果を表示するサイトである。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る