OFDM

読み方、または別称:おーえふでぃーえむ

OFDMとは、直交周波数分割多重方式(ちょっこうしゅうはすうぶんかつたじゅうほうしき)のことで、英語表記:orthogonal frequency-division multiplexingの頭文字をとってOFDMと呼ぶ。デジタル変調の一種で、code OFDMとは実質的には同じになる。
OFDMは、データを多数の搬送波(サブキャリア)に乗せるため、マルチキャリアに属する。

これらのサブキャリアは互いに直交しているため、従来の周波数分割多重化方式(FDM)と異なり、干渉しないという利点がある。サブキャリアは、高速フーリエ変換(FFT)アルゴリズムを用いて、効果的に区別することができる。

広帯域デジタル通信においては、無線/有線の区別に関係なく幅広く使われており、具体的にデジタルテレビや放送、ブロードバンドインターネット接続などが挙げられる。各々のサブキャリアは、直交振幅変調(QAM)などの従来の方式で低シンボルレート変調され、この段階でのデータレートは、同じ帯域幅のシングルキャリア変調と比べると、同じ程度になる。

応用例として、ケーブルの場合POTS銅配線によるADSLやVDSLなどのブロードバンドアクセス、電力線搬送通信(PLC)、Multimedia over Coax Alliance (MoCA)が挙げられる。無線の場合は、IEEE 802.11a、同g、同nおよびHIPERLAN/2やデジタルラジオ・デジタルテレビ・モバイルテレビなどのシステムが挙げられる。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る