ODBC

読み方、または別称:おーでぃーびーしー

ODBCとは、RDBMSにアクセスする際、共通となるインタフェース(API)のことを指す。正式名称はOpen Database Connectivity。ODBCは略称になる。データへのアクセスを統一化する。例えば、クライアント/サーバ型ではないマイクロソフト・アクセスの管理をするデータベースファイル(MDB)や、RDBMSでないCSVファイルへのアクセスなども、対応しているODBCドライバがあれば他の一般的なデータベースへのアクセスも同様の方式で利用できるということである。

主にマイクロソフト・ウィンドウズ上で利用されることが多いが、Linux系などでも利用される。最近では、WindowsにおいてもC言語でODBCを直接利用しなくなってきたが、Visual Basic(VB)などでは、COMとしてVBから直接扱えるADO(ActiveX Data Objects)の下部レイヤーの選択肢として、利用されている。

.NET FrameworksではADOと同じような考え方であるが、マネージド環境であるため、プロバイダーは一新される。ただし、従来のOLE DBも使えるため、OLE DB経由でODSCへアクセスすることは可能である。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る