Namazu

読み方、または別称:なまず

Namazu(なまず)とは、オープンソースの全文検索システムのことである。UNIX系OS及びWindowsで動作が確認されてる。開発は、1997年。小中規模のメールアーカイブやWWWサーバ用の全文検索システムとして開発され、簡単な使い勝手から1990年代末までに日本では検索エンジンの代表格となった。

普及も多く、2000年にはバージョン2.0も公開されている。ただし、公開後は、Namazu Project名義で共同開発となっている。検索は、転置索引方式のインデックスを採用しており、Perl言語で書かれたmknmzコマンドより生成されている。形態素解析には、KAKASI・ChaSen・MeCabの分かち書き機能を使用する。

フィルタ機能によって、HTML以外にもOffice文書やPDF、TEXなど多くの形式文書を検索対象としている。作成されたインデックスは、C言語で書かれたnamazuコマンドが動的に読み出し、全文検索を行う。フロントエンドには、C言語で書かれたCGIフロントエンド「namazu.cgi」や、Perlで書かれた「pnamazu」などがある。その為、各環境において、検索が可能となっている。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

ページトップへ戻る