NaN

読み方、または別称:なんど

NaN(Not a Number、非数、ナン)とは、コンピュータにおいて浮動小数点演算の結果とし、不正オペランドを与えられた際に生じた結果を表す値またはシンボルである。例えば、EPUの負の数値の平方根を求めることができないため、演算結果が不正であることを示す値として、用いられている。

数値計算の類似用語としてNAがあるが、異なる概念なので注意が必要である。浮動少数点演算では、NaNと無限大は別の概念になるが、どちらも浮動小数点数としての表現は特殊である。また、それを使った演算も特殊である。

NaNは、NaNを含むどんな浮動小数点数と比較しても等しくなく、NaN内部の表現が一種類でも、それは同じである。IEEE754浮動小数点規格では、NaNを使った演算は必ず結果がNaNになり、計算途中でNaNが発生することで伝播していく。

NaNが返される演算は、次の処理で生成される可能性がある。1.唯一の引数にNaNを指定された数学関数、2.0/0、∞/∞、∞/-∞、-∞/∞、-∞/-∞(除算)、3.0×∞、0×-∞(乗算)、4.負の数平方根、ゼロや負数の対数、-1未満の値や+1より大きい値の逆三角形。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る