NFC

読み方、または別称:えぬえふしー

NFCはNear Field Communication 、日本語では近距離無線通信(きんきょりむせんつうしん)であるが、ISO/IEC 18092は、近距離無線通信技術の国際規格で、10数センチの近距離での小電力無線通信(RFID)技術である。

2003年(平成15年)12月に規格化されたNFCは、NXPセミコンダクターズとソニーの共同開発で、既に普及しているICカード非接触無線通信技術との互換性を持っており、使用周波数はMIFAREなどと同じ13.56MHzである。

2005年(平成17年)1月には、拡張規格のNFC IP-2がISO/IEC 21481として国際標準規格に制定され、ISO/IEC 14443(Type B)とISO/IEC 15693にも対応している。NFC技術はさまざまな応用分野が考えられるが、ICカードとの互換性があるため、クレジットカードなどへの利用が見られ、そのポテンシャルは未知の部分が多く、近い将来には画期的な応用分野の登場が期待されている。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る