Mitaka

読み方、または別称:みたか

Mitaka(ミタカ)とは、日本の国立天文台の4次元デジタル宇宙プロジェクトが開発している、天文学の様々な観測データや理論的モデルを見るための仮想宇宙空間シミュレーションソフトウェアである。

星座はもちろん、マウスドラッグだけで宇宙空間を様々な角度を変えて見る事ができる。またその他にも宇宙の全体を見渡すことができたり、惑星の指定した地点に降りてそこからの空の眺めを表示したり、実際打ち上げられた惑星探査機の航路を表示させたりすることができる。地球と火星の地形データを表示させることもでき、時間も自由に移動可能。

Mitakaはもともとは同天文台内にある立体的に宇宙空間を見ることができる映画館用のものとして開発されたソフトウェアであったが、2005年2月1日に、一般向けに同プロジェクトの公式ウェブサイトで公開された。その後2007年5月11日にはソースコードも公開され、オープンソースソフトウェアとなった。

現在開発は、元・国立天文台4次元デジタル宇宙プロジェクト所属の職員が個人として行なっており、「Mitaka++」として公開されている。また国立天文台4次元デジタル宇宙プロジェクトの公式サイトでも"Mitaka++"のバージョンアップを反映する形で、「MItaka」と言う名称でバージョンアップしたものが公開されている。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る