MinGW

読み方、または別称:みんじーだぶりゅ

MinGW(ミン・ジー・ダブリュー)とは、GNUツールチェーンのWindows移植版で、正式名称はMinimalist GNU for Windowsになる。Windows APIのたえのヘッダファイルを含んでいるため、フリーのコンパイラであるGCCをWindowsのアプリケーション開発として使うことができる。

また、MinGWには主に2つのパッケージが開発・配布されている。1つは、Windows環境に移植されたGCCで、コマンドラインからも利用可能、IDEへ統合することも可能である。もう1つのパッケージは、MSYS(minimal system)は軽量のUnix風シェル環境で、端末エミュレータであるrxvtと開発ツールになるautoconfを実行するために用いられる。

これらはCygwinからフォークし、誕生している。なお、どちらのパッケージも無料で配布しており、Win32APIを利用するためのヘッドファイルはパブリックドメインから提供、GNUツールの移植版はGPLになる。個々のツールは、MinGWの公式サイトより入手することができる。

もっとも大きな特徴としては、MinGWとMSYSを合わせても、小さく完結可能な環境であること。そして、リムーバブル・メディアから使用できるということである。また、その際コンピュータ上のレジストリやファイルに影響を与えないことも、MinGWの大きな特徴になるだろう。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る