MIDI

読み方、または別称:みでぃ

MIDI(ミディ)はMusical Instrument Digital Interfaceの頭文字で、電子楽器デジタルインタフェースであり、日本の社団法人音楽電子事業協会と国際団体のMIDI Manufacturers Association により策定された電子楽器の演奏データをデジタル転送するための世界共通規格である。

MIDIが登場する前はアナログシンセサイザーが主流で、シンセサイザー同士を接続した場合に互換性の問題が多かった。この問題を解決するため、異なるメーカーの電子楽器を連動して演奏・操作することを目的として、日本の電子楽器メーカーが中心となってMIDIの新規格がつくられ、海外メーカーとの協議・検討の結果、MIDIが策定された経緯がある。

MIDIは主に音楽の演奏や制作に利用されているが、MIDIデータは、DAWやシーケンサーなどで扱うことができる。MIDIデータで送られる情報は、実際の音ではなく音楽の演奏情報なので、そのデータサイズはマイクなどで録音された実際の音の波形をデジタル化したものに比べると極めて小さい。

なお今では、MIDIは通信カラオケや携帯電話の着信メロディなどに利用され、さらには劇場での舞台照明のコントロールなどにも広く使われている。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る