MHTML

読み方、または別称:えむえいちてぃえむえる

MHTMLはMIME Encapsulation of Aggregate HTMLの略称で、MIMEのマルチパートを利用して元となるHTML文書と、そこからリンクされる画像や動画などのリソースを1つのデータとして纏めるフォーマットである。

このフォーマットは電子メールでの利用を想定していて、したがって、ウェブページを一つのファイルとして保存する用途にも用いることができる。

現在の多くのHTML文書は、元となるHTMLと、URIで参照される画像や動画などで構成されているが、これらのリソースはそれぞれが個別のデータである。

これまでのHTMLを使用する電子メールではHTML本体のみしか扱えなかった。しかし、 MHTMLはMIMEのマルチパートを用いて、元のHTMLと他のリソースを一つに纏めることで一つの電子メールで文書と画像などを含むHTMLマルチメディア文書を転送できるようにしたフォーマットである。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る